ダックスとミックス その2


元保護犬のダックス兄と、元野良犬のミックス妹がいます。一般社団法人アルマで預かりボランティアをしています☆
by huameilong2
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
最新の記事
★★お知らせ用のトップ記事で..
at 2016-06-25 12:31
その3へ☆
at 2015-08-30 01:29
お散歩?通院?&断尾のこと☆
at 2015-08-29 00:06
そーい病院へ。
at 2015-08-27 00:07
動画☆
at 2015-08-26 00:34
以前の記事
お気に入りブログ
外部リンク
検索
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル

しゅあびあ兄弟☆正式譲渡

初めてしゅあに会った日。

あのときの衝撃は、たぶん一生忘れない。

これが、その時のしゅあ。
f0358427_22530526.jpg
f0358427_22530899.jpg

マズルが変形するほどの口の腫れ。

どんなに口の状態が悪い子でも、こんな状態の子は見たことがありませんでした。



口腔専門の先生にお願いして、手術していただきましたが。。。

口の中は腫れ上がり、手術をするための挿管が危ぶまれるほどの「開口困難」。

喉に管を通すために、ほんの少しお口を開けることもできなかったんです。


大きな病院の先生が、今までで一番状態の悪い子だったとおっしゃいました。


推定12、3歳と思われたしゅあ。

何歳からこんな状態だったのか・・・何年間、激痛とともに生きてきたのか。

口が開かないから、ごはんを食べるどころかお水を飲むこともろくにできなかったんです。


さらに保護されたときは全身に脱毛が見られ、外飼いだったのではと思われるほどひどい状態だったそうです。

こんなに人懐っこくて、人のすることには何の抵抗もしない子が、どうしてこんなことに。涙



しゅあ、あなたをこんな状態で捨てた人間なんて忘れて、幸せになろうね。。。

絶対に、なるんだよ。

そう約束しました。



そして、しゅあはその約束を守ってくれました。

今のしゅあは何の心配もなく、愛されて愛されて里親様の宝物になりました♡

もちろん、大好きなびあと一緒です!

f0358427_23135112.jpg
f0358427_23134063.jpg
f0358427_23134106.jpg
f0358427_23134418.jpg
f0358427_23134680.jpg
f0358427_23134841.jpg
f0358427_23134968.jpg
f0358427_23135390.jpg
f0358427_23135448.jpg
f0358427_23135516.jpg
f0358427_23135782.jpg
f0358427_23140433.jpg
f0358427_23140636.jpg
ふたりとも、今までがんばって生きぬいてくれてありがとう。

これからは、優しいパパとママがくれる、愛と幸せだけが溢れる毎日だからね(*^_^*)



里親様からは、トライアル中から何度もふたりへの愛情と、正式譲渡の意思をお伝えいただいておりました。

そして、トライアル期間が昨日で終わり、改めていただいたメールの一部です。


トライアル期間が終了しましたので、改めてしゅあとびあを正式譲渡させて頂きたく申し出たいと思います。

しゅあとびあに初めて出会ってから里親になりたい気持ちは強くなる一方で、ふたりの最期まで責任を持って幸せに過ごしていきたいです。
また、正式譲渡後も定期的にふたりの様子をご報告させて頂きます。


健康面でも100点じゃなく、すでにシニアのふたりです。

トライアル中から通院していただいてしまっていますが、これからも続くと思います。

ですが大変だとおっしゃることなく、病院で耐えるふたりを見て、ますます愛しくてたまらないと言ってくださる里親様です。

どうぞ、ふたりのこれからの犬生をよろしくお願いいたしますm(_ _)m

また、お見合い時、トライアルスタート時とアルマへご支援いただき本当にありがとうございますm(__)m



しゅあ、びあともに引出しにくいふたりを出してくださったアルマ、搬送やティアハイムでのお世話などしてくださったスタッフのみなさま、医療費をご支援いただいているみなさまへも、本当にありがとうございました。



しゅあ、びあ、保護犬卒業です☆

[PR]

by huameilong2 | 2015-08-02 22:51 | けいた&しゅあ
<< なう。 ベランダデビュー☆ >>